「恋人ならOKだけど結婚はナシ」な女性の特徴9パターン

  • 【7】夫の収入に頼る気まんまんで、共働きする意思がない

    「経済的にがっつり寄り掛かられたら、正直しんどいです」(10代男性)というように、今のご時世では、できれば仕事を続けてほしいと考える男性が多数派かもしれません。少なくとも、結婚を「仕事を辞めるための手段」のように考えるのは慎んだほうがいいでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)