彼氏に思わずイラッときた瞬間5パターン

一応、好きで付き合っている彼氏でも、こちらの気持ちを知ろうともせずに無神経な行動を取られたら、イラッとしてしまうもの。そんなとき、世の女性たちはどう対処しているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「彼氏に思わずイラッときた瞬間」をご紹介します。

  • 【1】空気を読まずにくっついてこられたとき

    「料理中に後ろから抱きついてくるのは危ないから本当にやめてほしいです(苦笑)」(20代女性)というように、間の悪いタイミングでベタベタされて不快感を抱くパターンです。何度も「やめて」と言っているのにわかってくれない場合は、一度ガツンと怒ったほうがいいかもしれません。
  • 【2】何を決めるにも「適当にやっといて」と人任せだったとき

    「主体性のなさにうんざり。私は雑用係じゃない!」(20代女性)など、自分で動く気がまるでない彼氏にイラッときたという人もいます。「次の誕生日には夜景がきれいなレストランに連れてってほしいな」などと具体的な要望を挙げて、彼氏が動かざるをえない状況を作ってみましょう。