シャイな男性が発信している「精一杯の好きサイン」9パターン

「もしかして、わたしに気がある?」と思っても、相手が控え目なタイプだと確信が持てないもの。せっかくのチャンスを逃すことがないように、男性からの「好きサイン」をしっかりキャッチしたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性50名に聞いたアンケート調査を参考に、「シャイな男性が発信している『精一杯の好きサイン』」をご紹介します。

  • 【1】目が合いますように!と願いながら見つめ続ける

    「サインのつもりはないけど、自然と目がいってしまう!」(10代男性)というように、どれほどシャイな男性でも、好きな女性には熱い眼差しを向けずにはいられないようです。視線を感じたらさりげなく見つめ返して、話しかけやすい雰囲気をかもし出しましょう。
  • 【2】顔を合わせたら、自分なりのさわやかな笑顔で挨拶する

    「がんばって明るい声で『おはよう』と言うようにしています」(20代男性)というように、その人が自分にだけ元気に挨拶してくれる場合は、ピンと来たほうがいいかもしれません。無口なはずの男性が自分とは毎日言葉を交わしているようなら、何かあると思ってもいいでしょう。