好意があるのは間違いないのに、なかなか告白してくれない理由9パターン

どう考えても自分に気があるはずの男性から「好きだ」と言ってもらえなかったら、イライラしてしまうもの。なかなか告白してくれない背景には、いったいどんな事情が隠されているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性50名に聞いたアンケート調査を参考に、「好意があるのは間違いないのに、なかなか告白してくれない理由」をご紹介します。

  • 【1】「どうせ振られるに決まってる…」といまいち自信がないから

    「両思いの予感はあるけど勘違いかも…と思うと、勇気が出ない」(10代男性)というように、OKしてもらえる確信がなくて、怖気づいているパターンです。こちらの好意を分かりやすくほのめかして、「その予感、当たってるよ!」と後押ししてあげましょう。
  • 【2】「自分とは釣り合わない」と委縮しているから

    「今は気持ちが通じていても、お嬢様の彼女と付き合うとなると大変そうで…」(20代男性)というように、立場や生活環境があまりにも異なるために、消極的になっているパターンです。お互いの違いをおもしろがってみせれば、「意外と大丈夫かも」と安心してもらえるかもしれません。