LINEが苦手な彼氏とのコミュニケーションの工夫5パターン

文字ベースのやりとりを苦手とする男性は意外と多いもの。交際中の彼氏が「LINEはあまり好きじゃない」タイプだった場合、どのような工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「LINEが苦手な彼氏とのコミュニケーションの工夫」をご紹介します。

  • 【1】LINEではダラダラと会話せず、必要事項のみを送る

    「とにかく『用件のみ』にしないと、彼氏が重荷に感じるみたい」(20代女性)というように、必要最低限のやりとりに留めることで、負担を軽くするパターンです。短い会話であれば応じてくれる彼氏なら、この方法が現実的ではないでしょうか。