告白する前にあっけなく散った恋5パターン

いいなと思う男性ができて、どうやってアプローチしようか考え始めたところで、あっけなく試合終了…。女性なら誰しもそんな経験があるのではないでしょうか。せっかくの恋のチャンスを逃したくなければ、世の女性たちが経験した「告白する前に散った恋」の事例を頭の隅に置いておいてもいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「告白する前にあっけなく散った恋」をご紹介します。

  • 【1】いいなと思う男性の手元を見たら、左の薬指に指輪が光っていた

    「いい男に限って既婚者。よくある話ですが、やっぱりガッカリしますね」(20代女性)というように、好感を抱いた矢先に相手が既婚者だと気づくパターンです。うっかりアプローチを仕掛けていたら、気まずい事態を招いていたに違いないので、先にわかってよかったと思うようにしましょう。