「趣味」を理解してくれない彼氏への対処法5パターン

  • 【5】「アイドルのライブ」など彼氏が嫉妬するものであれば、そもそも教えない

    「『お前、あんなのが好きなのかよ』と怒り出すのは目に見えているので、推しについてはすべて内緒にしています」(10代女性)というように、彼氏がヤキモチを焼きそうな趣味なら、いっそ隠しておくのが得策かもしれません。長年黙っていたことがバレると気まずさが倍増するので、隠すならきちんと隠し通しましょう。

「趣味」の内容や彼氏のタイプによって、作戦を見極めましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock