「彼女といてもつまらない」と倦怠期を実感する瞬間9パターン

  • 【6】会話が続かなくてお互いスマホに夢中になっていたとき

    「トークを盛り上げる努力すらしなくなったら、関係消滅に向かう一方」(10代男性)というように、デート中にスマホに逃げるようになったら、恋の炎が下火になりつつある兆しかもしれません。なんとか会話が弾むような工夫をして、倦怠期突入を食い止めたいところです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)