生活圏が被る元カレへの接し方9パターン

同僚やクラスメイトと交際していて、残念ながらお別れすることになったとしても、そう簡単には環境を変えられないもの。「生活圏に元カレがいる」という気まずい状況をやり過ごすには、どう振る舞えばいいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性50名に聞いたアンケート調査を参考に、「生活圏が被る元カレへの接し方」をご紹介します。

  • 【1】周りの人に気を使わせないよう、努めて明るく接する

    「友達を巻き込んだら申し訳ないし、自分自身も居心地が悪くなるので」(20代女性)というように、元気よくしていれば、周囲に「円満に別れた」と思ってもらえて、混乱を避けられそうです。本心は穏やかでなくても、大人らしく振る舞いましょう。
  • 【2】礼儀として挨拶はするが、できる限り会話は避ける

    「無視するのは大人げないと思う。でも楽しくおしゃべりするのは無理」(20代女性)というように、「挨拶を交わす程度の関わりがギリギリの許容範囲」だと考える女性は多いようです。事務的な態度で応じれば、未練を残した相手に期待を抱かせる心配もないでしょう。