いまそれを言うか!?彼氏とのケンカで触れてはいけない話題5パターン

彼氏と口論になったら、汚い言葉を使って罵ってしまうのは仕方のないことかもしれません。しかし、なかには「これには触れないほうがいい」というタブーなネタもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「いまそれを言うか!?彼氏とのケンカで触れてはいけない話題」をご紹介します。

  • 【1】チビ・ハゲ・ブサイクは封印すべし…「容姿の話題」

    「薄くなってきているのは認めますが、体の特徴のことをディスるのは卑怯です」(20代男性)というように、見た目を悪く言うのはさすがに思いやりに欠ける行為でしょう。特に「薄毛」や「顔立ち」など、本人の努力で改善することが難しい点をあげつらうのは、相手が誰であろうとしてはいけないことかもしれません。
  • 【2】蒸し返していたらキリがない「前のケンカの話題」

    「『あのとき言ってたことと違う』とかしつこくされるとウンザリします」(10代男性)など、以前のことを蒸し返すのも、建設的な話し合いの妨げになるようです。特に頭に血が上っているときは、言わなくてもいいことまで言ってしまい、収拾がつかなくなるおそれがあるので、自分に正当性があるとばかりに過去の話をするのは控えたいものです。