ひそかに憧れていた美女に幻滅する瞬間5パターン

誰もが視線を奪われるような美女だからこそ、「らしくない一面」が知れ渡ったときの衝撃は大きいもの。世の男性は、いったいどんなときに「えっ…そういう人だったの?」と美女に幻滅してしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「ひそかに憧れていた美女に幻滅する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】男性がいない場所で態度を豹変させる様子を目撃したとき

    「上から目線で後輩に命令するのを見て、『うわぁ…』とドン引き」(10代男性)など、男性の前では見せない「裏の顔」を知り、幻滅するパターンです。「相手によって態度を変える人間だ」と認識されてしまうと、並大抵のことでは信用回復できないので、日ごろから誰に対しても丁寧な物腰で接するように努めたいものです。