「方言女子」にたまらなく萌えてしまう理由5パターン

地方出身者が進学や就職などをきっかけに大都市に移り住んだ場合、周囲の目を気にして「方言」を直そうとするのはよくある話です。しかし、たまに飛び出す「地元の言葉」が好意的に見られるケースは少なくないので、無理に方言を隠す必要はないのかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『方言女子』にたまらなく萌えてしまう理由」をご紹介します。

  • 【1】ふとした瞬間に方言を使ってしまい、「あっ!」と焦るのがかわいいから

    「『手がたわんから取って』と言われてこっちがポカンとしてたら『あっ…ごめんなさい』って。かわいかった」(20代男性)など、無意識のうちに方言を使ってしまい、焦って取り繕う姿に萌えるパターンです。周囲に合わせて標準語をしゃべろうとしなくても、案外温かい目で見守られているものなので、無理をする必要はなさそうです。