「いい子だな…」という余韻を残すLINEの終え方5パターン


先のことはわからないとしても、「彼氏候補として考える可能性のある男性」とLINEでやりとりするなら、日ごろからいい印象を残して、得点を稼いでおきたいところ。では、男性にとって心地のいいLINEの終え方とは、いったいどのようなものなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『いい子だな…』という余韻を残すLINEの終え方」をご紹介します。

  • 【1】「それじゃまた!」と用件が済んだらさっと打ち切る

    「グダグダとやりとりを続けるより、さっぱり終わりにしてくれたほうがありがたい」(20代男性)というように、いつまでも会話を引き延ばさずに、さっと身を引くのは好感度が高いようです。内容のないやりとりを苦手とする男性は意外に多いので、話が終わったら「それではまた…」と爽やかに去るのが無難かもしれません。