女子からのLINEを既読スルーしてしまうシチュエーション5パターン

  • 【3】「昼食なう」など、報告されてもリアクションのしようがなかったとき

    「『だから何?』って返すわけにもいかないので、とりあえずスルー」(10代男性)というように、平凡な日常を報告したところで、興味を持ってもらえる可能性は限りなくゼロに近そうです。「5人前のデカ盛りカレーを完食した」など、耳目を引くようなトピックスがあったときのみ、「昼食なう」にも連絡の価値があるでしょう。
  • 【4】「生きる目的って何?」など、内容が深淵すぎて軽く返信できなかったとき

    「話が重そうだなと感じたら、ひとまず様子を見ます」(20代男性)など、軽々しく返信するのがはばかられて、いったん保留にしているケースです。「相談事」で気を引くのは、男性と親しくなりたいときの常とう手段ですが、相手のタイプや自分との関係性を見極めるようにしましょう。