むしろ彼氏を及び腰にさせてしまう「結婚プレッシャー」5パターン


順調に交際が続き、こちらは「そろそろ結婚でも…」と考え始めたら、彼氏をつつきたくなってしまうもの。しかしやり方を誤ると、彼氏を面倒な気持ちにさせてしまい、かえってプロポーズの言葉が遠のいてしまう場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「むしろ彼氏を及び腰にさせてしまう『結婚プレッシャー』」をご紹介します。

  • 【1】「私、子ども好きなんだ…」とママ願望を匂わせる

    「出産や育児みたいなステージを想像させられると一気に気が重くなる」(20代男性)というように、「家庭生活」を思わせる話題を重荷に感じるパターンです。とはいえ、いつまでも問題を先延ばしにするわけにはいかないので、曖昧に切り出すのではなく、折を見て「出産には年齢のリミットがある」などと真正面から切り込んでみてはいかがでしょうか。

  • 【2】「そういえば、○○さんのところは秋ごろだって」と知人の結婚の話題を持ち出す

    「友達の結婚式の話って、言外に含みがあるようで面倒に思ってしまう」(20代男性)など、「誰かが結婚した」というネタも、さりげない圧力だと感じる場合があるようです。自分たちが結婚適齢期であることを認識させたければ、周囲が結婚ラッシュだという状況を「ごく日常的な話題」として、地道に耳に入れていくしかなさそうです。

  • 【3】「うちの実家に遊びに来ない?」とやたら親に会わせたがる

    「一気に事を進めようとする感じが怖い」(20代男性)など、執拗に親と対面させたがるのも、不自然に映ってしまうようです。結婚に向けて駒を進めたいという意向を丸出しにするより、「親があなたに会いたいと言っている」と自分も板挟みになって困っているニュアンスで伝えて、彼氏に協力してもらう形にしたほうが承諾を得やすくなるでしょう。

  • 【4】「ご両親にご挨拶させて」とガツガツ攻め込もうとする

    「外堀から埋めようとしているのがウザイ」(10代男性)というように、みずから彼氏の実家に乗り込もうという鼻息の荒さで、気持ちをしらけさせてしまうケースです。「ペットの猫を抱かせてほしいな」「海が見えるおうちなんて素敵だね」などと、相手が「じゃあ来てみる?」と誘いたくなるように誘導するのが無難な進め方かもしれません。

  • 【5】「見て見て、こういうの素敵だよね」と結婚情報誌を買い込む

    「あからさまにプロポーズを催促されている気がしてゲンナリする」(20代男性)など、彼氏の目の前で結婚情報誌を読むのは、プレッシャー以外の何物でもないようです。「二人とも通勤に便利なのは何駅かな?」「家具はどういうテイストにする?」などと「新生活への夢」を語りすぎるのも同様の印象を与えるので、空気は読んだほうがいいでしょう。

どんなに気持ちが先走っても、「やりすぎ」には注意したほうがいいかもしれません。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock