むしろ彼氏を及び腰にさせてしまう「結婚プレッシャー」5パターン

順調に交際が続き、こちらは「そろそろ結婚でも…」と考え始めたら、彼氏をつつきたくなってしまうもの。しかしやり方を誤ると、彼氏を面倒な気持ちにさせてしまい、かえってプロポーズの言葉が遠のいてしまう場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「むしろ彼氏を及び腰にさせてしまう『結婚プレッシャー』」をご紹介します。

  • 【1】「私、子ども好きなんだ…」とママ願望を匂わせる

    「出産や育児みたいなステージを想像させられると一気に気が重くなる」(20代男性)というように、「家庭生活」を思わせる話題を重荷に感じるパターンです。とはいえ、いつまでも問題を先延ばしにするわけにはいかないので、曖昧に切り出すのではなく、折を見て「出産には年齢のリミットがある」などと真正面から切り込んでみてはいかがでしょうか。
  • 【2】「そういえば、○○さんのところは秋ごろだって」と知人の結婚の話題を持ち出す

    「友達の結婚式の話って、言外に含みがあるようで面倒に思ってしまう」(20代男性)など、「誰かが結婚した」というネタも、さりげない圧力だと感じる場合があるようです。自分たちが結婚適齢期であることを認識させたければ、周囲が結婚ラッシュだという状況を「ごく日常的な話題」として、地道に耳に入れていくしかなさそうです。