自分の彼女には正直やめてほしい「趣味」5パターン


彼氏が大事なら、趣味も大事。恋愛のために自分の心の支えとなる活動を諦めたくないという人は多いでしょう。とはいえ、「やめてほしい」と思われていることを強引に続けるのは揉め事のもとになってしまうので、ある程度は見極めが必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「自分の彼女には正直やめてほしい『趣味』」をご紹介します。

  • 【1】バカバカしいと思っても妬いてしまう「男性アイドルの追っかけ」

    「いきなり嫌いになれとは言わないので、できれば自分の知らないところでやってほしい」(10代男性)など、交際相手が自分以外の男性に夢中になる姿は、やはり気持ちのいいものではないようです。「それはそれ、これはこれ」とすっぱり割り切れるものでもないので、彼氏を悲しませたくなければ、表立ったファン活動は控えたほうがいいでしょう。

  • 【2】何かハプニングが起こりそうで怖い「クラブ通い」

    「そもそも、彼氏持ちの女の子がクラブとかバーで夜遊びするのっておかしい」(20代男性)というように、夜に出歩くことを良しとしない男性は少なくありません。「別に大丈夫だってば」と説得したところで、納得してもらうのは難しいので、価値観にズレがあるのなら、「嫌な思いをしている人に合わせる」という解決策が妥当でしょう。

  • 【3】出先で男にちやほやされそうな「ツーリング」

    「『男の中に紅一点』みたいなシチュエーションを想像すると、正直不愉快」(20代男性)など、男性に交じって活動するイメージのあるツーリングも、彼氏にとっては心配の種になってしまうようです。「何もない」ことを理解してもらいたければ、いっそ「一緒に走ろうよ」と誘って彼氏を巻き込んでしまうのが近道かもしれません。

  • 【4】理解しようにも頭が追い付かない「ボーイズラブ」

    「そういうのが好きな子がいるのは知っているけど、自分の彼女が夢中だとやっぱり微妙」(10代男性)など、同人誌などで「BL」を愛でる趣味も、温かく見守ってもらうのは難しいようです。むしろ偏見に満ちた目で見られてしまう可能性さえあるので、彼氏には最初から打ち明けずに、ひそかな楽しみとして隠しておくのが無難そうです。

  • 【5】そんな格好で出かけてほしくない「コスプレ」

    「似合えば心配だし、似合わなければ恥ずかしい。どっちにしろ人前に出てほしくない」(20代男性)というように、「コスプレ」をどうとらえるかは人それぞれですが、極端に嫌がる男性は少なからず存在します。彼氏が難色を示すようならひとまず封印し、様子を見ながら今後について検討するのが現実的ではないでしょうか。

彼氏のために自分を殺す必要はないので、折り合いの付け方を考えたいものです。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock