実は男性を傷つけている「社交辞令」5パターン


初対面や、それに近い男性と同席するなら、話の流れで社交辞令を言わざるを得ないシーンもあるでしょう。とはいえ、無難な言葉を選んだつもりが、思わぬ地雷を踏んでしまう場合もあるので、細心の注意を払ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「実は男性を傷つけている『社交辞令』」をご紹介します。

  • 【1】つまらない男と言われているような気持ちになる「真面目そうですね」

    「話がつまらないって意味?と思ってしまう。非常に心外」(20代男性)など、決して悪口ではない「真面目そう」という表現は、ときとして言葉の裏を読まれてしまう場合があるようです。「おもしろい人」が最上級の賛辞だと思っている男性は一定数いるので、特に関西出身の相手に「真面目そう」と言うのは避けたほうがいいかもしれません。

  • 【2】チャラ男と判断されたようで心外な「モテそうですね」

    「チャラそうと思われたのかな、と心配になる。そして実際はモテないから余計に傷つく」(10代男性)というように、「モテそう」には軽蔑の意味が含まれるのでは?とうがった見方をする人もいます。容姿のよさを褒めるのであれば、「スタイルいいですね。身長何センチですか?」などとモテに直結させない言い方をするのが無難そうです。

  • 【3】俺の何を知っているのかと言いたくなる「仕事できそうですよね」

    「自分の仕事ぶりなんか絶対に知ってるはずがないので、『誰にでもそう言ってるんだろうな』と感じる」(20代男性)など、職場の同僚でない限り、「仕事ができそう」という言葉も嘘くささを感じさせてしまうようです。相手が「会社員」ということ以外、何も情報がないのであれば、「スーツが似合いますね」程度のコメントで十分でしょう。

  • 【4】ウマが合わないとでも言いたいのか…「天然っぽいですね」

    「『天然ですね』って、『変な人』『私とは合わない』の言い換えですよね」(20代男性)など、何かと便利に使われがちな「天然」という表現も、あまりいい意味には受け取られないことがあるようです。「変な人なのかも…?」と思うなら、「○○さんってどんな方なのか、まだよくわからなくて…」と言葉を濁しておきましょう。

  • 【5】ほかに褒めるところがなかったのかと察してしまう「優しそうですね」

    「『優しそう』って根拠なく言えるから、無難で便利な社交辞令の代表だと思う」(10代男性)というように、適当すぎる「優しそう」で、気分を害されるケースです。場の空気をよくするために、相手を持ち上げたいのであれば、「声がいいですね」「素敵な時計ですね」などと、客観的に判断できる側面に触れるといいでしょう。

悪気はなくても、相手を不快にさせてしまっては、せっかくの「社交辞令」も無意味になってしまうので、慎重に言葉を選びたいものです。(田中健斗)
Photo:All images by iStock