実は男性を傷つけている「社交辞令」5パターン


初対面や、それに近い男性と同席するなら、話の流れで社交辞令を言わざるを得ないシーンもあるでしょう。とはいえ、無難な言葉を選んだつもりが、思わぬ地雷を踏んでしまう場合もあるので、細心の注意を払ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「実は男性を傷つけている『社交辞令』」をご紹介します。

  • 【1】つまらない男と言われているような気持ちになる「真面目そうですね」

    「話がつまらないって意味?と思ってしまう。非常に心外」(20代男性)など、決して悪口ではない「真面目そう」という表現は、ときとして言葉の裏を読まれてしまう場合があるようです。「おもしろい人」が最上級の賛辞だと思っている男性は一定数いるので、特に関西出身の相手に「真面目そう」と言うのは避けたほうがいいかもしれません。