男性にドン引きされてしまうLINEのアプローチ5パターン


好きな男性と少しでも親しくなりたければ、LINEで距離を詰めるのは王道でしょう。とはいえ、やり方を間違えると、仲よくなるどころか、むしろ嫌われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「男性にドン引きされてしまうLINEのアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】「今何してるの?」としつこく状況を聞こうとする

    「しつこくされればされるほど、『おまえに話す義理はない』みたいに思ってしまう」(10代男性)など、相手の身辺を詮索しようとすると、かえって頑なな態度を取られてしまう場合があるようです。好きな人の動向が気になって仕方がないのはわかりますが、嫌われては元も子もないので、しつこくするのはやめておきましょう。

  • 【2】返事が少し遅れただけで、「ねえ、無視しないでよ!」とキレる

    「構ってもらいたいのなら、もう少ししおらしくしてほしい」(20代男性)など、即レスが当然という態度も、男性の目には偉そうに映ってしまうようです。レスポンスがないことを不安に思うのであれば、スタンプを一つだけ送って様子を探るなど、行動は最小限にとどめて気長に待ちたいところです。

  • 【3】深夜や早朝など、非常識な時間帯に連絡をしまくる

    「こっちの都合を考えない身勝手さにイラッとくる」(20代男性)というように、送るタイミングに配慮がないせいで顰蹙を買うパターンです。自分にとっては常識的な時間であっても、たとえば夜勤のある人はお昼過ぎまで寝ていることも多いので、相手の生活サイクルを考慮しましょう。

  • 【4】相手が無反応なのに、一方的にメッセージを送り付ける

    「既読スルーがこちらの答えなのに、何度も連絡が来るとウンザリ…」(10代男性)というように、相手がわざと返信せずにいるのに、空気を読まずにしつこくアプローチして嫌がられるケースです。あからさまに無視されていることを察したら、いったんLINEでのやりとりは諦めて別の作戦を考えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】「明日暇なんだー」と露骨に「誘ってほしいアピール」をする

    「誘ってほしがってるのが透けて見えると、かえって興ざめしてしまう」(20代男性)など、誘ってもらうのを今か今かと待ち構えるのも、男性の気持ちをしらけさせるようです。遠回しに誘導するよりも、ストレートに「明日時間があったらご飯でも行かない?」などと切り出したほうが、まだ好感度は高いでしょう。

気持ちが先走りそうになったら、相手の受け止め方を想像して自分にブレーキを掛けましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock