「彼氏いそうだよね」と言ってくる男性の真意5パターン


初対面や、出会って間もない男性から、不意に「彼氏いそうだよね」と言われたら、どう反応していいのか困ってしまうもの。「彼氏いそうだよね」という言葉に込められた裏の意味とはいったい何なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『彼氏いそうだよね』と言ってくる男性の真意」をご紹介します。

  • 【1】優しくされたときに照れ隠しで言う

    「女性慣れしていないので、優しくされてリアクションに困ったときに『彼氏いそうだよね』と言ってしまったことがある」(10代男性)など、優しい女性にどう接していいのかわからなくて「彼氏いそうだよね」と言ってしまうパターンです。「なんでそう思うんですか?」と返すと、ますます動揺させてしまうので、あまりいじわるしないようにしましょう。

  • 【2】「かわいいね」「モテそう」と褒め言葉のつもりで言う

    「ブスな子に彼氏いそうと言っても嘘っぽいですよね?つまり『彼氏がいそう』って言うってことは、かわいいと思ってる証拠です」(20代男性)など、「かわいいですね」の代わりに「彼氏がいそう」という表現を使う人もいます。真意を測りかねる場合は、「えっ、それってどういう意味ですか?」と聞き返し、反応次第で相手の本音を探りましょう。

  • 【3】「遊んでそう」「尻が軽そう」と皮肉を込めて言う

    「遊んでそうな子には皮肉を込めて『彼氏いそう』と言うときもある」(20代男性)など、「チャラチャラしているように見える」と揶揄するつもりで、「彼氏いそうだよね」と言うケースです。言葉にトゲがあることを感じたら、「なぜそう思うのですか?」と問い詰めて、返事によっては、失礼な物言いを改めてもらってもいいかもしれません。

  • 【4】「君のことは狙ってないから」と興味がないことを示すために言う

    「お互いに恋愛対象じゃないよねって確認の意味で『彼氏いそう』と言うことはあるかも」(10代男性)など、「あなたを『彼女候補』として見ていない」という意思表示の場合もあるようです。こちらがいいなと思う男性であれば残念ですが、どうでもいい相手であれば、深く追及せずにスルーしてしまってもいいでしょう。

  • 【5】彼氏の有無を確かめるために言う

    「面と向かって『彼氏いますか?』とは聞けないので、『彼氏いそう』と振って反応を確かめます」(10代男性)など、「彼氏の有無」をあぶり出すために、あえて「彼氏がいそう」とぶつけ、リアクションを観察しているパターンです。好意を抱かれていることを察したら、「いませんよ。絶賛募集中です」などと返してあげてもよさそうです。

「彼氏いそうだよね」に込められた意味を見抜いて、上手に振る舞いたいものです。(田中健斗)
Photo:All images by iStock