「守ってあげたい…」と思う女性の特徴5パターン


「守ってあげたい」という感情には、恋心に似た色合いがあるもの。気になる男性に自分の存在を意識させて、「この子は俺が守らなきゃ」と思わせるには、どんな工夫をするといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『守ってあげたい…』と思う女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】おっちょこちょいで危なっかしい女性

    「一人で大丈夫かな?と心配になるような天然な子は、俺が守ってあげなきゃと思ってしまう」(10代男性)など、そそっかしくて何かやらかしてしまいそうな女性は、放っておけないと思われるようです。ドジっ子ぶってわざと失敗ばかり繰り返すのは考え物ですが、男性の前で完璧であろうとするより、いい意味で「隙」を見せるのはアリかもしれません。

  • 【2】強がっているけれど本当は弱い女性

    「基本は強がっているのに、人混みではぐれそうになると、服の裾をギュッとつかんでくる…みたいな子に弱いです(苦笑)」(10代男性)など、強がるくせに、意外にもろいところがある女性は男心をつかむようです。「ツン」と「デレ」の落差があるほうがインパクトが強くなるので、ここぞというタイミングで弱弱しい一面をチラ見せしたいものです。

  • 【3】虫やお化けなどを極端に怖がる女性

    「かわいそうになるくらい怖がる姿を見てしまうと、安心させてあげたくなります」(10代男性)というように、「女性が怖がる姿」を前に、本能的に「守ってあげたい」と感じる人もいます。普段クールな人ほど、「実は怖がり」のギャップが目を引くので、無理して平気な顔をするよりも、ときには素の自分をさらけ出して目いっぱい怖がってしまいましょう。

  • 【4】人に頼るのが下手な女性

    「甘えるのが苦手で、つい頑張りすぎるような子には逆に萌えます」(20代男性)というように、「甘え下手」でいつも強がってしまう女性も、不器用さが垣間見えるだけに、男性の庇護欲を刺激するようです。とはいえ、「強がり」も度が過ぎると「頑固」「強情」など、面倒な印象になってしまうので、「頑張り屋さん」に見えるくらいがちょうどいいでしょう。

  • 【5】泣きたいときにガマンしてしまう女性

    「目に涙をいっぱいためて、それでも泣き顔を見せないように必死に耐えているのを一度でも見てしまうと気になります」(20代男性)など、「泣くのをこらえている顔」が放つ吸引力は絶大なようです。悲しい涙でもうれし涙でも効果は変わらないので、意中の男性の気を引きたければ、まず「泣くようなシチュエーション」を演出したいところです。

「似合う所作」「似合う行動」というものがあるので、自分のキャラに合わせた作戦を考えるといいでしょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock