リアルで接しているときは普通なのに、LINEでは違和感を覚える女性5パターン


気になるカレとせっかくLINEでやりとりできる仲になったのに、戦略を誤ったせいで、かえって心の距離が遠くなってしまうようでは意味がありません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「リアルで接しているときは普通なのに、LINEでは違和感を覚える女性」をご紹介します。

  • 【1】リアルでは普通に「私は…」と言うのに、LINEでは「ゆいたんは」などと独特の一人称を名乗る

    「キャラを作ってるみたいで気持ち悪い」(10代男性)など、文字ベースのコミュニケーションでは別人格のように振る舞ってしまい、ドン引きされるパターンです。「一人称=自分の名前」にすることで相手への親しみを表現したいのであれば、LINEでいきなり始めるのではなく、日々接するなかで徐々に出していくのが自然ではないでしょうか。

  • 【2】リアルでは常識的な会話しかしないのに、LINEではやたらと下ネタに走る

    「LINEだと顔を見て話をしていない分、本性が出やすいのかなと思ってしまう」(20代男性)というように、顔が見えないやりとりだからといって、羽目を外してしまうのもまずそうです。「こんな話もできちゃうさばけた私」をアピールしたいのであれば、LINEよりも相手の表情を確認できる状況で試したほうがリスクは低いかもしれません。

  • 【3】リアルでの口ぶりはまともなのに、LINEでは「w」と草を生やしまくる

    「『w』は好きになれない。なんか下品」(20代男性)など、深い意味もなく使う「w」も、人によってはいい印象を抱かない場合があるようです。「(笑)」などもそうですが、多用したり、不適切な個所で挿入すると、こちらにその意図はなくても、相手は嘲笑されているような気持ちになる場合があるので、気を付けましょう。

  • 【4】リアルでは無口なほうなのに、LINEではびっくりするほど饒舌になる

    「どっちが本当の姿なのかわからなくて怖い」(10代男性)など、LINEを使うとびっくりするほどおしゃべりになるのも、相手を戸惑わせてしまうようです。リアルに接しているときに比べてはしゃぎすぎてしまったなと感じたら、「ごめん、びっくりしたよね?〇〇くんとのLINEが楽しすぎて調子に乗っちゃったよ」などとフォローの一言を添えましょう。

  • 【5】リアルではおしとやかな雰囲気なのに、LINEではドン引きするほどガラが悪い

    「言葉遣いが全然違ったりするとびっくりします」(20代男性)というように、LINEでは人柄が悪いほうに変わってしまうのも問題かもしれません。実際にしゃべっているのと違い、文字での会話は相手に想像の幅を持たせてしまうので、ネガティブな印象を膨らませてもらいたくなければ、口調には注意したほうがよさそうです。

一度与えた違和感を取り除くのはかなり難しいので、慎重に攻めましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock