リアルで接しているときは普通なのに、LINEでは違和感を覚える女性5パターン


気になるカレとせっかくLINEでやりとりできる仲になったのに、戦略を誤ったせいで、かえって心の距離が遠くなってしまうようでは意味がありません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「リアルで接しているときは普通なのに、LINEでは違和感を覚える女性」をご紹介します。

  • 【1】リアルでは普通に「私は…」と言うのに、LINEでは「ゆいたんは」などと独特の一人称を名乗る

    「キャラを作ってるみたいで気持ち悪い」(10代男性)など、文字ベースのコミュニケーションでは別人格のように振る舞ってしまい、ドン引きされるパターンです。「一人称=自分の名前」にすることで相手への親しみを表現したいのであれば、LINEでいきなり始めるのではなく、日々接するなかで徐々に出していくのが自然ではないでしょうか。