トラウマレベルのダメージを受けた「別れたばかりの彼女の行動」5パターン


お付き合いしていた男性と別れたら、あとは何をしようと自由かもしれませんが、恨みや怒りを買うような事態は、できるだけ避けておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「トラウマレベルのダメージを受けた『別れたばかりの彼女の行動』」をご紹介します。

  • 【1】思い出の品を捨てたり売ったりされる

    「彼女の持ち物をどうしようと自由ですが、あまりに割り切りがよすぎるとグサッときます」(10代男性)など、もらったプレゼントやお揃いで購入したアイテムを別れた途端に手放すのは、やはり大きなショックを与えてしまうようです。不用品を有効活用するのは悪いことではありませんが、せめて相手にわからない形で処分するのがマナーでしょう。

  • 【2】着信拒否やブロックで連絡が取れなくなる

    「そこまで強く拒絶されるとは思ってなかったので、着拒に気づいたときは落ち込みました」(10代男性)など、いきなり連絡手段を絶ってしまい、「そこまでするか!?」とびっくりされるケースです。別れの経緯にもよりますが、場合によっては逆恨みされるおそれもあるので、むしろ連絡先は消さずにおいたほうがいいこともあると覚えておきましょう。

  • 【3】恥ずかしい画像やLINEのトーク履歴などをネットで勝手に公開される

    「たしかに別れたくなくて長文LINEを何度も送りましたが、それを嘲笑われるなんて…」(20代男性)など、いくら愛情がなくなったからといって、元カレを「さらし者」にするのはやりすぎかもしれません。自分が逆のことをされたらどう感じるかを想像すれば、やっていいことと悪いことの区別がつくのではないでしょうか。

  • 【4】共通の知人にあることないこと言いふらされる

    「別れた原因にはお互い様の部分があります。自分に都合のいいことだけを流さないでほしい」(20代男性)など、元カレについての「悪評」をばらまくのもまずそうです。「ここだけの話」のつもりが思わぬ範囲に広まってしまうこともあるので、「人の口に戸は立てられぬ」と肝に銘じ、うっかり口を滑らせないように気を付けたいものです。

  • 【5】別れた直後なのに別の男性と同棲を始める

    「本人は別れたあとで付き合い始めたと言っていましたが、本当は陰でそいつとつながってたのでは…と思わずにはいられない」(20代男性)など、「次」に行くのが早すぎるのも、あらぬ邪推のもとになるようです。すぐに別の人と付き合うなら、「実は浮気していたのではないか」などと誤解されることは覚悟したほうがいいでしょう。

思わぬところにリスクが潜んでいるかもしれないので、慎重に行動したいものです。(田中健斗)
Photo:All images by iStock