憧れの先輩が卒業してしまう!告白すべきタイミング5パターン

ひそかに想い続けてきた先輩がもうすぐ卒業してしまう…。思い切って一世一代の告白をするなら、どのタイミングを選ぶのがベストなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「憧れの先輩が卒業してしまう!告白すべきタイミング」をご紹介します。

  • 【1】卒業式当日はバタバタしてしまうので「前日に呼び出す」

    「卒業式の日にすれ違ってしまったら意味がないので、前日に呼び出して伝えるのが確実かも」(10代女性)というように、チャンスを逃さないために、前日に呼び出して告白するパターンです。卒業式当日はパーティーなどで留守にしているおそれもありますが、前日なら家で静かに過ごす人がほとんどなので、先輩をつかまえるのは容易でしょう。
  • 【2】切羽詰まらないと勇気が出ないから「卒業式当日に直接言う」

    「なんだかんだ言って卒業式本番にならないと、『告白するぞ!』って意思を固められないかも」(10代女性)など、「今日こそ言わなきゃ」と思っているうちに、結果的に卒業式当日を迎えてしまうケースです。どんなにシャイな人でも、ギリギリになればさすがに腹をくくって本当の気持ちを打ち明けられるのではないでしょうか。