「私なんかモテないし…」が口癖の女性への本音5パターン


自分の口から「私はモテる!!」と主張する人は珍しいかもしれませんが、「私はモテない」と自虐的に言った経験のある人は意外に多いでしょう。「私はモテない」が口癖の女性について、世の男性はどのように感じているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『私なんかモテないし…』が口癖の女性への本音」をご紹介します。

  • 【1】「そんなことないよって言ってほしいんだろうな」と面倒に思う

    「『嘘だあ、本当はモテるくせに』とか否定してほしいのがミエミエ」(20代男性)など、「心にもないことを言っている」と見なされるパターンです。誰が見ても男受けのよさそうな女性が言うなら、「またまたー」とお約束のやりとりが始まるかもしれませんが、微妙な場合は気まずいムードになってしまうので、自分に対する周囲の評価を見極めましょう。

  • 【2】「ネガティブな子と一緒にいると運気が下がりそう…」とそっと距離を置く

    「卑屈な女の子は嫌いです。暗い印象しか受けないので、親しくしようとは思いません」(10代男性)など、後ろ向きな発言として嫌悪感を抱かれるパターンです。「モテない宣言」の真意はともかく、ネガティブワードを耳にしたとたんに「恋愛対象外」の烙印を押す男性は多いので、口癖のように「私なんかモテない」と言いまわるのは控えたいものです。

  • 【3】「実はモテますという謎のアピールか!?」と言葉の裏を読む

    「本当にモテない子はわざわざモテない宣言なんかしないはず」(10代男性)など、あえて「モテない」と言い張る裏には何かあるのではと邪推されるパターンです。自分をキャラ付けするために、「こう見えて実は○○な私」を演出するのは恋愛の王道テクではありますが、あまりにまわりくどいと迷走してしまうので、作戦はよく練ったほうがよさそうです。

  • 【4】「そうやって気を引こうとしてるのなら、腹黒い…」と興ざめしてしまう

    「何が目的で自分から『モテないんです』なんて申告するのか。ややこしい構ってちゃんだなと思います」(20代男性)など、策士を気取ったつもりが冷ややかに見られてしまうパターンです。自分では駆け引きのつもりでも、「あざとさ」を見抜かれてしまうとおしまいなので、どうしてもこの手を使いたいなら、リスクを覚悟する必要はあるでしょう。

  • 【5】「で、俺はどうリアクションするのが正解なわけ?」とイラッとする

    「結局、こっちがどう反応するのかを試してるわけでしょう?その魂胆に嫌気がさします」(20代男性)など、男の度量を試されていると受け取られて怒りを買うパターンです。妙な緊張感が走っていることを感じたら、「…でも、なぜか野良猫にはモテモテなんですよね」などとオチを付けて、さっさと話題を変えたほうがいいでしょう。

「私なんかモテないし…」と言う女性を好意的に見る男性は少なそうなので、口にするからにはさまざまな受け取られ方を想定したほうがいいかもしれません。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock