「緩そうな子…」と感じる女性の特徴5パターン


「男性関係が緩そうな女性」と思われても、得することなど何もないでしょう。誤解を招きたくなければ、どんな点に注意するといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『緩そうな子…』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】靴のかかとを踏んでいる

    「毛玉の付いた服とか、かかとを踏んだ靴を見ると、きっと生活全般がだらしないのでは?と感じます」(20代男性)というように、隙のある身なりから「男性関係も隙がありそう」と思われてしまうパターンです。プリン状態の髪やヤニだらけの歯、剥がれ落ちたネイルなどもわかりやすい「尺度」になってしまうので、せめて身ぎれいにしておきましょう。

  • 【2】こちらが聞いてもいないことをベラベラとしゃべる

    「深く考えずに何でもぶちまけてしまう子は、男関係も深く考えてなくて緩いだろうなという印象」(10代男性)など、考えなしに何でもしゃべる癖も、男性に付け入られる原因になってしまうようです。「何でもアリな子」と認定されても大事にしてもらえるとは思い難いので、つい口が滑ってしまうタイプの人は、少し自重したほうがよさそうです。

  • 【3】話すときの距離が近すぎる

    「たまにいますよね?しゃべるときに妙に顔を近づけてくる子って。男との距離感も変な人なのかなと思います」(10代男性)など、人との物理的な距離が近すぎるのも、あらぬ邪推を招くようです。誰かに一度でも「近いよ」と言われた経験があるなら、自分の感覚が一般とはズレていることを疑い、心持ち離れるように意識したほうがいいでしょう。

  • 【4】やたら露出度の高い服を着ている

    「わざとだろ!くらい肌が出てる服を着てる子は、男を誘っているようにしか見えない」(20代男性)など、露出度の高い服を見て「簡単にヤレそう」と感じる男性は、やはり多いようです。おしゃれのつもりの肌見せが、別の意図があるように受け止められても心外なので、「男を誘っているように見えないか」を客観的に確認する必要がありそうです。

  • 【5】スキンシップが過度である

    「ボディタッチが多すぎたり、やけに詰めて座ってくる女性は、男好きっぽさが否めない」(20代男性)というように、やたら肌に触れたがるせいで、「そういう女」と見なされるケースです。しゃべりながら相手をはたいたり、横並びで座るときに隣の人に寄り掛かったりするのが自然な動作になっている人は、改めたほうがいいかもしれません。

安い女だと思われたくなければ、日ごろの所作に気を付けたほうがいいでしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock