元カレが自分の友達と付き合うことになったときの対応5パターン


とっくの昔に別れた元カレであっても、自分の友人と交際すると聞いたら、少しは動揺してしまうもの。では、どのように振る舞うのがベターなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「元カレが自分の友達と付き合うことになったときの対応」をご紹介します。

  • 【1】元カレと連絡を取り合うのをやめる

    「水面下でひそかに続いてると思われたら嫌なので、お互いに連絡先を消します」(10代女性)など、元カレとのつながりを断つパターンです。「実はまだ続いている」「本当は元カレに未練がある」といった誤解を招くと話がややこしくなってしまうので、面倒なことに巻き込まれたくなければ、さっと離れるのが正解でしょう。

  • 【2】「おめでとう」と祝福の言葉を掛ける

    「どちらにも『おめでとう』と声を掛けたら、もう吹っ切れてるんだなとわかってもらえる」(10代女性)というように、二人の始まりを喜んであげることで、元カノとしての自分のスタンスを伝える手もあります。ただし、言い方次第では痛々しく映ってしまうので、多くを語らずサラッと済ませてしまいましょう。

  • 【3】二人のSNSを見ないようにする

    「元カレとはとっくに終わってても、それなりに辛いので、幸せそうな様子がわかるSNSは見ないようにした」(10代女性)というように、胸にちくりとしたものを感じるなら、できるだけ情報をシャットアウトしたほうがよさそうです。いきなりSNSのつながりを外すのは露骨なので、とりあえず「見ない努力」をしたほうがいいでしょう。

  • 【4】なるべく接点をなくす

    「周囲に好奇の目で見られるのは避けたいので、そっと距離を置きます」(20代女性)というように、気まずい思いをしたくなくて、関わりをなくす人もいます。本人同士は割り切っていても、周りがどう受け取るかはさまざまなので、野次馬的な関心にさらされたくなければ、彼らと同席する場は回避したほうがよさそうです。

  • 【5】あえてそしらぬふりを貫く

    「どんな態度を取ってもいろいろ思われそうなので、無関心を装うのが一番ラク」(20代女性)というように、わざと「知らんぷり」を押し通すケースです。カップルになった二人に気持ちを邪推されてしまったら、いくら「気にしていない」と説明しても聞き入れてもらえないので、涼しい顔でスルーするのが得策かもしれません。

元カレと友達の人間性にもよりますが、積極的な関与だけは避けたほうがよさそうです。(猫山民子)
Photo:All images by iStock