義理チョコなのに「俺って本命?」と誤解されてしまう渡し方5パターン

会社やサークルの人間関係を円滑にするために、社交辞令として義理チョコを用意したつもりが、「俺のこと好きだったの?」と勘違いされると、面倒なことになってしまいます。では、どんな渡し方をすると、ただの義理チョコが「本命チョコ」だと思われてしまうのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「義理チョコなのに『俺って本命?』と誤解されてしまう渡し方」をご紹介します。

  • 【1】個別に呼び出して渡す

    「『放課後に体育館の裏に来て』的なことを言われたら、そりゃあ期待するでしょう」(10代男性)など、「バレンタイン当日の呼び出し」のせいで、「俺って本命?」と誤解を招くパターンです。かしこまった印象を与えないよう、朝会ってすぐに「おはよう。はいコレどうぞ」と手渡すなど、タイミングにこだわりを見せないほうがいいでしょう。