好意には応えられなくても、内心うれしく感じるバレンタインチョコ5パターン

  • 【4】まさかのタイミングで渡され、動揺してしまう「サプライズチョコ」

    「どうせ誰からももらえないだろうな…と諦めていたところで『どうぞ』みたいな(笑)」(10代男性)など、予想外の「サプライズチョコ」も、思いのほか歓迎されるようです。もし振られても、笑って冗談にできそうなくらい気の置けない間柄なら、渡すタイミングを工夫すると、盛り上がる可能性は高そうです。