好意には応えられなくても、内心うれしく感じるバレンタインチョコ5パターン


好きな人にチョコを贈るなら、気持ちを受け入れてもらえなかったとしても、せめて喜んでもらいたいもの。では、どんなチョコだと素直にうれしいと思ってもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「好意には応えられなくても、内心うれしく感じるバレンタインチョコ」をご紹介します。

  • 【1】心を込めて用意してくれたことにグッとくる「手作りチョコ」

    「僕のために手間暇かけてくれたことには感謝の気持ちしかありません」(20代男性)など、チョコをわざわざ「手作り」した労力は認めてもらえるようです。市販品よりも好意が伝わりやすいのは確かなので、本命チョコを贈る予定があるなら、やはり手製のものを検討したほうがいいでしょう。

  • 【2】手作りほど重くないが、ありがたみは感じる「高級チョコ」

    「手作りよりは受け取りやすいし、自分ではなかなか高級チョコって買わないので結構うれしい」(10代男性)など、誰かからの贈り物でない限り口にする機会のない「高級チョコ」も喜ばれるようです。相手との距離感によっては、手作りよりも気軽に受け取ってもらえるので、ちょうどいいかもしれません。

  • 【3】真剣に想ってくれていることが伝わる「直筆の手紙付きチョコ」

    「真面目に好きだと想ってくれてたんだとわかってジーンときます」(10代男性)など、「直筆の手紙」が添えてあると、本気度が伝わりやすくなるようです。玉砕覚悟でも、とにかく告白だけはしておきたいという場合は、悔いを残すことがないように、想いの丈を文章にしたためて渡しましょう。

  • 【4】まさかのタイミングで渡され、動揺してしまう「サプライズチョコ」

    「どうせ誰からももらえないだろうな…と諦めていたところで『どうぞ』みたいな(笑)」(10代男性)など、予想外の「サプライズチョコ」も、思いのほか歓迎されるようです。もし振られても、笑って冗談にできそうなくらい気の置けない間柄なら、渡すタイミングを工夫すると、盛り上がる可能性は高そうです。

  • 【5】顔を真っ赤にしながら必死な様子で渡してくれる「ガチの告白チョコ」

    「たとえ恋愛対象に見てる子じゃなかったとしても、一生懸命想いを伝えてくれたことはありがたく思います」(20代男性)など、大真面目に好意を伝えるチョコを悪く思う男性はいないようです。恋が実らなかったとしても、きちんと告白したことで、自分の中に区切りができ、いつかいい思い出に変わるのではないでしょうか。

バレンタインは貴重なチャンス。悔いのないよう、最善を尽くしたいものです。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock