好意には応えられなくても、内心うれしく感じるバレンタインチョコ5パターン

好きな人にチョコを贈るなら、気持ちを受け入れてもらえなかったとしても、せめて喜んでもらいたいもの。では、どんなチョコだと素直にうれしいと思ってもらえるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「好意には応えられなくても、内心うれしく感じるバレンタインチョコ」をご紹介します。

  • 【1】心を込めて用意してくれたことにグッとくる「手作りチョコ」

    「僕のために手間暇かけてくれたことには感謝の気持ちしかありません」(20代男性)など、チョコをわざわざ「手作り」した労力は認めてもらえるようです。市販品よりも好意が伝わりやすいのは確かなので、本命チョコを贈る予定があるなら、やはり手製のものを検討したほうがいいでしょう。
  • 【2】手作りほど重くないが、ありがたみは感じる「高級チョコ」

    「手作りよりは受け取りやすいし、自分ではなかなか高級チョコって買わないので結構うれしい」(10代男性)など、誰かからの贈り物でない限り口にする機会のない「高級チョコ」も喜ばれるようです。相手との距離感によっては、手作りよりも気軽に受け取ってもらえるので、ちょうどいいかもしれません。