何度もデートを重ねているのに「付き合ってください」と言えない理由5パターン


すでに何度も二人きりで会っていて、雰囲気だって悪くないのに、なかなか正式な「彼女」にしてくれない。こちらも悪からず思っている男性であれば、なおさらやきもきしてしまうような状況なのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「何度もデートを重ねているのに『付き合ってください』と言えない理由」をご紹介します。

  • 【1】もし断られたら立ち直れないから

    「ここまでいい感じだったのに、一気に台無しになってしまうのが怖い」(10代男性)など、拒絶されて傷つくことを恐れているパターンです。何度か決定的なことを言いかけて口ごもっている様子なら、告白まであと一押しなので、「そろそろ私に何か言うことないの?」と話を向けて、こちらから「そういう雰囲気」を作ってしまいましょう。

  • 【2】もう少し様子を見て、カップルとしてやっていけるのかを見極めたいから

    「交際を開始してしまったら後戻りはできないので、どうしても慎重になってしまう」(20代男性)など、「付き合っても大丈夫」という決心がつかないパターンです。優柔不断な男性は、決断を求めると尻込みしてしまうおそれがあるので、じりじりと外堀を埋めて「いつのまにか付き合っていた」状態に持ち込むのが得策かもしれません。

  • 【3】今くらいの距離感でいるほうが心地いいから

    「付き合っているような、付き合っていないような…みたいな段階って、実は一番楽しい」(10代男性)など、現状維持が最善の策だと考えているパターンです。こちらは付き合う気満々でいるのに、相手が二の足を踏んでいる様子なら、「このままどっちつかずは嫌だな」と揺さぶりをかけて、本当の気持ちを確かめましょう。

  • 【4】相手が自分をどう思っているのかわからないから

    「相手が自分を好きでいてくれているのかがはっきりしないと、一歩踏み出せない」(10代男性)など、両思いであるという確証が持てなくて告白をためらうパターンです。気恥ずかしくて、「好きオーラ」を隠したまま相手とのデートに挑んでいるのなら、そろそろ素直になってみてもいいタイミングではないでしょうか。

  • 【5】正式にお付き合いするのは、荷が重いと感じるから

    「無責任なようですが、付き合うかどうかをきちんと決めずに、たまにデートするくらいの関係が気楽です」(20代男性)など、関係をはっきりさせることに尻込みしているパターンです。「気楽に遊べる相手」として自分がキープされていることを察したら、いったん距離を置いてみるなど、こちらから「仕切り直し」を試みてもいいでしょう。

相手の本音を察しながら、上手に立ち回りましょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock