「この子と話していると楽しいな」と感じる女性の特徴5パターン


気になる男性と親しくなるためには、「一緒にいたい」と思ってもらう必要があるでしょう。特に、「話していると楽しい」と感じさせることは重要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『この子と話していると楽しいな』と感じる女性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】会話のテンポが合う

    「ノリやリアクションの早さが似ている人とはしゃべっていて気持ちがいい」(10代男性)など、会話の「間」が合う女性は、「話していて楽しいな」と思ってもらえるようです。一方的にしゃべりすぎたり、食い気味に返事をしがちな人は、相手とテンポを合わせるように意識しましょう。

  • 【2】笑顔で楽しそうに話を聞いてくれる

    「『うんうん、そうなんだー』って横でニコニコしてくれる女の子には癒やされます」(10代男性)というように、朗らかに接してくれる女性も、男性の気持ちを浮き立たせるものです。「だから何?」などと冷静なツッコミを入れるより、「へえ、おもしろいね」と適当に流すのもひとつの処世術かもしれません。

  • 【3】話を理解して絶妙な質問を投げてくれる

    「『それはさっきの話と関係があるの?』みたいに口を挟んでくるのは、ちゃんと聞いてる証拠」(20代男性)など、要所要所で的確なコメントを返す女性は、話していて気持ちがいいと思われるようです。とはいえ、質問しすぎるのも会話の妨げになるので、頻度とタイミングは考えたほうがいいでしょう。

  • 【4】積極的に話題を作ってくれる

    「自分は口下手なほうなので、上手に会話のネタを選んでくれる子はありがたいです」(10代男性)というように、会話をリードできる女性も重宝されそうです。相手が仕事人間なら「最近、忙しいの?」、スポーツ好きなら「セ・リーグはどこが優勝するかな?」などと、食いつきそうな話題を投げるといいでしょう。

  • 【5】沈黙が続いてもまったく苦にならない

    「しばらく無言が続いても『なんかしゃべらなきゃ』って焦らずに済む子が理想です」(20代男性)など、会話が弾まなくても気にならないムードがあると、男性は安心できるようです。シーンと間が空いてしまっても、無表情で押し黙るのではなく、静かな微笑みをたたえて見つめ返すようにしましょう。

相手がどう感じているかを想像して、うまく立ち回りましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock