「初めてできた彼女」に言われるとグサッとくるセリフ5パターン


男心は案外繊細なもの。特に彼氏にとってあなたが「生まれて初めての彼女」の場合は、うかつなことを言わないように注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『初めてできた彼女』に言われるとグサッとくるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「緊張してる?」といちいち気を使われる

    「女慣れしていないことを本心では馬鹿にしてるんだろうなと思ってしまう」(10代男性)というように、気遣いの言葉を掛けたせいで、地雷を踏んでしまうパターンです。「女の子と付き合うのが初めて」という部分をクローズアップしすぎても、かえって失礼になってしまうので、わざわざ言及するのは控えましょう。

  • 【2】「無理しなくていいよ」と期待されていない

    「俺なんかに高いレベルのことを望んでいないのはわかるけど傷つく」(10代男性)というように、頑張りすぎる彼氏をなだめるつもりの言葉も、額面通りには受け取ってもらえないかもしれません。配慮が逆効果になってしまっては意味がないので、必要以上に「恋愛初級者」であることを意識しないほうがいいでしょう。

  • 【3】「あっ、こういうの初めて?」と初心者扱いされる

    「実際、彼女と付き合うまで童貞だったわけですが、地味にグサッときた」(10代男性)など、いちいち「初めて」の確認をするのは余計なおせっかいのようです。カップルには、「初デート」「初キス」「初エッチ」など、「初○○」が付きものですが、「彼氏にとっての人生初」ではなく、「二人にとっての初めて」であることを強調したいところです。

  • 【4】「女心がわかってないなー」と蔑まれる

    「女心がわからないのは事実だけど、だからといって対処のしようがない」(20代男性)というように、気に食わないことがあるからといって、「彼氏が女性慣れしていないせい」と決めつけてしまうのはまずそうです。「女心」とひとくくりにせず、「私はこういうことをされると不愉快だよ」などと、「自分のケース」として気持ちを説明しましょう。

  • 【5】「前の彼氏ならやってくれたのに」と過去の相手と比べられる

    「元カレに対するコンプレックスが膨らんでしまって辛い」(20代男性)など、以前の交際相手と比較するような物言いは、彼氏にとっては酷かもしれません。特に「女性と付き合うのが初めて」の段階では、自分の恋愛に自信を持てない男性が大半なので、むやみに傷つけることがないよう、発言には細心の注意を払いたいものです。

悪気はなくても、彼氏の胸に突き刺さった言葉は撤回できないので、気を付けましょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock