暇なときに女性からもらうとうれしいLINE5パターン


前からいいなと思っていた男性とLINEでやりとりしたいけれど、どのように連絡すれば不自然に思われないか迷ってしまう。世の男性は、いったいどんなLINEであれば「ちょっとうれしい」と感じるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「暇なときに女性からもらうとうれしいLINE」をご紹介します。

  • 【1】「あなたのことがふと頭に浮かんだから」と前置きがある

    「なんでもないときに自分の存在を思い出してくれたことに価値がある」(10代男性)など、自分が「ふと思い出してもらえる人間」であった事実に喜びを覚えるパターンです。特に用事があって連絡したわけではない場合、正直に「暇つぶしに付き合って」と言うよりも、「ふと思い出したから」と伝えたほうがずっと好印象でしょう。

  • 【2】「前からじっくり話したかったんだー」と距離を詰めるようなことを言われる

    「単純に、こちらに興味を持ってくれていたことがうれしいです」(10代男性)など、「実はあなたに関心があった」とほのめかすのも、男性のプライドをくすぐるようです。「あのときの件、もう少し詳しく教えて」などと、過去の会話に言及して、そこから話を膨らませていくのもうまいやり方かもしれません。

  • 【3】「実はね…」とプライベートな打ち明け話をされる

    「秘密を教えてくれるのは、親密さの証なので」(10代男性)というように、女性からの「打ち明け話」に優越感に似たものを覚える人もいます。同じような話をあちこちでしていたことがバレると気まずくなってしまうので、もしこの手を使うなら、本当に親しくなりたい人だけに、とっておきの秘密を明かすようにしましょう。

  • 【4】「○○くんって家電に詳しかったよね?」と得意分野の相談を受ける

    「女の子に頼られて張り切らない男はいません」(20代男性)というように、相手が食い付いてくれそうな「お願いごと」を振ってみるのもアリかもしれません。的外れなことを相談しないよう、「その分野なら俺に任せて」と言ってもらえるようなネタを事前にリサーチしておきましょう。

  • 【5】「暇ならこれからゴハンでも行かない?」と誘われる

    「こっちも暇なときの誘いは渡りに船。二つ返事で乗ります」(20代男性)など、いっそ思い切って「今から会おうよ」と誘ってしまう手もあります。たとえ断られても、「じゃあまた今度時間があるときにね!」とあっさり返しておけば、向こうから連絡が来る可能性もゼロではないでしょう。

相手との関係や距離感に応じて作戦を考えましょう。(玉川きみか)
Photo:All images by iStock