過去の恋愛で後悔していること5パターン


誰にでも、後悔している過去の一つや二つくらいはあるもの。では、恋愛においては、どのような行動を「やめておけばよかった」と思うことが多いのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「過去の恋愛で後悔していること」をご紹介します。

  • 【1】正式に付き合う前に体の関係を持ってしまったこと

    「簡単にヤレる女だと思われても何もいいことはない…」(20代女性)というように、交際を開始する前に性行為に及んだせいで、相手に軽んじられたパターンです。どうでもいい相手ならともかく、ずっと好きだった男性であれば、ちゃんと段取りを踏まえて親しくなっていくのが安心でしょう。

  • 【2】変に見栄を張って素直になれなかったこと

    「妙な意地があって本当の気持ちを言えなかった。もっと素直に甘えればよかった」(10代女性)というように、彼氏の前で虚勢を張ってしまい、結果的に関係がぎくしゃくしてしまったことを悔やむ人もいます。強がって言葉を飲み込むよりも、素直に胸に飛び込んだほうがいい場面もあることを覚えておきましょう。

  • 【3】愛されているか不安になり、やたらと束縛してしまったこと

    「『仕事と私、どっちが大事?』とか、言ってはいけないセリフのオンパレード(苦笑)」(20代女性)など、彼氏の愛情を確信できずに、「面倒な女」になってしまったケースです。四六時中「好き」と言ってもらいたい、毎晩でも会いたいといったワガママは、彼氏の気持ちを遠ざける原因になりかねないと肝に銘じたいところです。

  • 【4】一時の気の迷いで、彼氏以外の男性と浮気してしまったこと

    「本当に、魔がさしたとしか言いようがないんですが、あのとき浮気なんかしなければ今でも彼と…と思います」(20代女性)など、浮気してしまったせいで関係を壊したことは、後悔してもしきれないようです。一度でも浮気したことがバレたら信頼回復はまず無理なので、「ちょっとくらい…」と思ったときこそ気を引き締めたいものです。

  • 【5】相手の気持ちを確かめるために別れを切り出してしまったこと

    「別れる気なんてなかったのに、気を引きたくて『別れよう』と言ってしまった。撤回しても後の祭り…」(10代女性)など、駆け引きのつもりで別れを切り出すのは悪手でしかないようです。一時の感情に任せて過激な行動を取りがちな人は、先達に倣って自分を抑えることを強く意識したほうがいいかもしれません。

誰かの失敗談に耳を傾けることで、同じ轍を踏むのを防ぎたいものです。(田中健斗)
Photo:All images by iStock