「性格キツそうだな」と感じる女性の話し方5パターン

人間の印象というのは、容姿だけでなく、仕草や態度、言葉遣いなどから総合的に判断されるもの。世の男性から「この子はキツそうだな…」と思われるのは、いったいどんな「しゃべり方」なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『性格キツそうだな』と感じる女性の話し方」をご紹介します。

  • 【1】「わたし」ではなく「あたし」と言う

    「あたしとか、あたしが崩れて『あーし』になってる子は、我が強い印象を受ける」(10代男性)など、さばけた言い方の一人称は、自己主張の強い性格を思わせるようです。チャキチャキとしたキャラでいくのならそのままで問題なさそうですが、「おしとやか」「控えめ」な女性に見られたいのであれば、普通に「わたし」と発音するのが無難でしょう。
  • 【2】声を張り、威圧的な口調で話す

    「キンキンとした声色でガンガン来られると、マウント取られてるのかもと思う」(20代男性)というように、声を張って勢いよくしゃべるせいで、「威圧的」だと受け取られるケースです。とくに声質がソフトではない人の場合、そんなつもりがなくても怒っているように聞こえることがあるので、できるだけ柔らかい発声を心掛けるしかないでしょう。