初デート中に沈黙が続いてしまったときの鉄板の話題5パターン

まだ相手のことをよく知っているわけではない「初デート」の段階では、コミュニケーションの方法がわからずに、会話が途切れがちになってしまうもの。そんなとき、どう対処するのが得策なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「初デート中に沈黙が続いてしまったときの鉄板の話題」をご紹介します。

  • 【1】「きのこ派?たけのこ派?」など、好きな食べ物の話

    「食いつきがよかったら、何系のラーメンが好きかとか、いろんな食べ物の話に展開していきます」(20代女性)など、「食べ物の話」は誰でもとっつきやすいので、お互いのことをまだよく知らない初デートには、うってつけかもしれません。「好きなかき氷の味」「好きな麺類」など、相手の反応に合わせてどんどん質問してしまいましょう。