「モテる女」を目指すためのマイルール5パターン


何もしなくてもモテるのが理想的な状態ですが、大半の女性は男心を引き付けるために相応の努力をしているもの。では、いわゆる「モテ女」の皆さんは、いったいどんな「マイルール」を自分に課しているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『モテる女』を目指すためのマイルール」をご紹介します。

  • 【1】いつも笑顔でいること

    「仏頂面の女子が魅力的に見えるわけがないので、なるべくスマイルが基本ですね」(10代女性)など、とにかく笑顔を心掛けるという意見です。周囲から「機嫌悪いの?」と言われがちな人は、表情に乏しく、取っつきにくい印象を与えている可能性が高いので、なるべく喜怒哀楽をはっきり出したいところです。

  • 【2】スキンケアや筋トレなど「体のメンテ」を怠らないこと

    「ヘアやメイクはスキルを駆使すれば底上げできるけど、ベースの肌やスタイルはごまかせないので…」(20代女性)など、「自分の土台」を磨くことに取り組む人もいます。ダイエットやトレーニングは、やればそれなりに成果が表れるものなので、地道な努力が無駄になることはないでしょう。

  • 【3】男性の好意には素直に甘えるようにすること

    「おごられ上手な子ってやっぱりモテるし、男性の懐に入り込むのって大事です」(20代女性)など、いい意味で「甘え上手」になることも、男性ウケを狙うなら必要なことかもしれません。女性に頼られたり、感謝されて悪い気のする男性はいないので、好意は素直に受け入れて「ありがとうございます」とニッコリ微笑みましょう。

  • 【4】バッグや財布の中身はきちんと整理整頓すること

    「お財布がレシートでパンパンだったり、カバンの中がぐちゃぐちゃな子は、女同士で見ててもアチャーって感じ」(20代女性)など、「ガサツに見えないようにする」のも、女子力をアピールする上では大事なことのようです。デスクやロッカー、持ち歩いているバッグや財布は、誰に見られても恥ずかしくない状態にしておきたいものです。

  • 【5】相手の目を見てしっかり話を聞くようにすること

    「ちょっと上目遣いで、視線を受け止めながら話を聞いてあげると、相手がどんどん心を開いてくるのがわかります」(20代女性)など、「聞き方」がうまい女性は、男性の気持ちを引き寄せやすいようです。瞳を潤ませて、話の先を促すように絶妙なタイミングで相槌を打つと、熱心に聞いているように見えるでしょう。

どれも日常の中のちょっとした心がけから始まることばかりなので、気負わずに試してみましょう。(田中健斗)
Photo:All images by iStock