プロポーズされたい!「今年中に結婚でも…」と彼氏の背中を押す一言5パターン


交際開始からそれなりに年月が過ぎ、お互いにいい年齢にもなってきたのに、なかなか「結婚しよう」と言ってくれない彼氏。次のステージに向けて一歩踏み出してもらうためには、どんな言葉を掛けると有効なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「プロポーズされたい!『今年中に結婚でも…』と彼氏の背中を押す一言」をご紹介します。

  • 【1】「付き合って5年目に突入するね」と交際年数を意識させる

    「二人の歴史の重みを強調して『そろそろ責任を取らないと…』と思わせます」(20代女性)というように、「こんなに長く付き合ってきたのだから…」ともう引き返すことのできない年月への自覚を促すパターンです。責めている口調にならないよう、雑談のような軽いノリで切り出したいところです。