「ひとりぼっちのクリスマス」を心穏やかに過ごすための思考法5パターン

もうすぐクリスマスなのに、今年は「彼氏がいない」。いつもカップルでこの時季を過ごしてきた人なら、やはり焦りを感じてしまうものでしょう。この場合、クリスマスをどのような心持ちで迎えるといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『ひとりぼっちのクリスマス』を心穏やかに過ごすための思考法」をご紹介します。

  • 【1】「恋人と過ごすのが当然ってわけじゃないし」と割り切る

    「カップルイベントだと思い込むから辛くなるわけで、いっそ『だから何?』くらいにクールになってしまえばいい」(20代女性)など、そもそも相手がいないことを気にしなければ、みじめな思いをせずに済みそうです。「年の瀬の普通の一日」としてクリスマスをやり過ごせば、新年はもう目の前でしょう。