思わず視線が釘付けになる女性の色っぽい仕草5パターン


手っ取り早く「モテ」を引き寄せたいなら、「色気」を身に付けるのが近道でしょう。はたして世の男性は、女性のどのような仕草に心を奪われているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「思わず視線が釘付けになる女性の色っぽい仕草」をご紹介します。

  • 【1】長い髪をかき上げる仕草

    「髪をふわっとかき上げる仕草が嫌いな男はいないと思う」(10代男性)というように、長い髪をかき上げる一連の動きや、それに伴いうなじがあらわになる様子は、やはり男性の注目を集めるようです。ただし、「髪がさらさらであること」「うなじが白くて美しいこと」が基本条件となるので、抜かりなくお手入れしておきたいところです。

  • 【2】口の端を吊り上げてニッと笑う仕草

    「歯を見せてアハハハって笑うんじゃなくて、唇の端を動かしてニヤリみたいなのは妖艶」(20代男性)など、意味深な表情をたたえた「微笑」は、男性の心をとらえてやまないようです。とはいえ、ただの「変顔」だと思われては元も子もないので、家でこっそり「小悪魔的な笑い方」を研究してから実践したほうがいいかもしれません。

  • 【3】胸元を隠しながらしゃがみ込む仕草

    「見えないように胸元に手を添えて隠す仕草が色っぽい」(10代男性)というように、見えそうで見えない胸元を隠そうとする動作は、むしろ男性の視線を集めてしまうようです。「過剰防衛」と映ってしまうと周囲を嫌な気持ちにさせてしまうので、あくまで「さりげなく」を心がけましょう。

  • 【4】座ったまま脚を組み替える仕草

    「脚を組み替える瞬間って、見ちゃいけないのにやっぱり見ちゃう…みたいなやましさがあっていい」(20代男性)など、「脚を組み替える瞬間」を思わず見てしまう背徳感は、男性にとってたまらないものがあるようです。何度も繰り返すと露出狂だと思われてしまうので、頻度は考えたほうがよさそうです。

  • 【5】後ろから呼んだときに振り返る仕草

    「『えっ、何?』と振り向くときの表情とか、かしげた首の角度とか、すごく微妙なニュアンスが色っぽい」(20代男性)というように、「振り返ったときの姿」に心惹かれる男性もいるようです。突然呼ばれたからといって、間抜けな顔で「は?」などと向き直ると魅力も何もないので、いかなるときも気を抜いてはならないでしょう。

いずれも「わざとらしさ」がにじみ出ると、かえってみっともなく見えてしまうので、自然な流れで繰り出すことが基本となるでしょう。(猫山民子)
Photo:All images by iStock