遠回しすぎて伝わらない告白のセリフ5パターン


好きな人に想いを告白するのはなかなか勇気がいることですが、だからといって、あまりに間接的な言い回しでは、何一つ伝わらないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「遠回しすぎて伝わらない告白のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「彼女いますか?」と恋人の有無だけを確認する

    「彼女がいるかどうかを聞かれただけでは、ただの世間話と認識してしまう」(10代男性)など、彼女の存在を確認するだけでは、ただの雑談の一環だと思われてしまうようです。「今は特にいない」という答えなら、すかさず「私、立候補してもいいですか?」と名乗りを上げて、勝負に出たいところです。

  • 【2】「クリスマスは女子会なんだよね」と謎のアピールをする

    「『ふーん、そうなんだ』と流してしまったら、あとで別の女子から『察しが悪い』と怒られた」(20代男性)というように、「自分には彼氏がいない」ことをほのめかすだけでは、真意に気づいてもらえないかもしれません。「でも、できれば男性と過ごしたいので、一緒にどうですか?」と勇気を出して誘ってみましょう。

  • 【3】「なんで○○くんには彼女ができないのかな?」と他人事のように不思議がる

    「同じ話を何度もするので変だなとは思ってたけど、言葉の裏が読めていなかったです」(10代男性)など、「あなたは素敵な人だと思う」をまわりくどく言い換えても、「だから何?」と思われるのがオチのようです。「私はあなたの魅力に気づいています。好きです」とストレートに告げるのが手っ取り早いでしょう。

  • 【4】「一緒にいたらカップルに見えるかな?」と心配そうにする

    「逆に『カップルに見えたら嫌なのかな』と申し訳ない気持ちになる」(10代男性)というように、「カップルに見られたい」願望を皮肉めかして伝えてみても、むしろ逆の意味にとらえられてしまうかもしれません。ここはひとつ、「私はカップルに見られたらうれしいけど、あなたは?」と相手の気持ちを聞いてみてはいかがでしょうか。

  • 【5】「○○くんって意外とモテるらしいね」と伝聞形で語る

    「俺のどんな噂を耳にしたんだろう…と不安になります」(10代男性)など、「結構モテるんだってね?」とはやし立てたせいで、かえって訝しく思われるパターンです。「女子に人気があるって聞いたけど、彼女はいますか?」などと探りを入れながら、「実は私も好きなんです」と本題に近づけたいところです。

「伝わらない告白」を何度も繰り返しているうちに、意中のカレがほかの女性と接近してしまう可能性もあるので、一刻も早く勝負に出ましょう。(雪村一花)
Photo:All images by iStock