遠回しすぎて伝わらない告白のセリフ5パターン


好きな人に想いを告白するのはなかなか勇気がいることですが、だからといって、あまりに間接的な言い回しでは、何一つ伝わらないかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「遠回しすぎて伝わらない告白のセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「彼女いますか?」と恋人の有無だけを確認する

    「彼女がいるかどうかを聞かれただけでは、ただの世間話と認識してしまう」(10代男性)など、彼女の存在を確認するだけでは、ただの雑談の一環だと思われてしまうようです。「今は特にいない」という答えなら、すかさず「私、立候補してもいいですか?」と名乗りを上げて、勝負に出たいところです。