「どこか色っぽい女性」が心掛けている日々の工夫5パターン

男性から「いい女だな」と思われたければ、「色気のある大人の女性」を目指したいもの。世間の色っぽい女性たちは、日ごろからどのようなことに気を付けているのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「『どこか色っぽい女性』が心掛けている日々の工夫」をご紹介します。

  • 【1】すべての動作を「ゆっくりめ」にする

    「動きが素早いと、どうしてもガサツに見えてしまうので、ドタドタしないよう心がけています」(20代女性)など、「所作」を心持ちゆっくりめにして、エレガントさを演出するパターンです。指先まで気を抜かず、丁寧な動きを心掛けて「優雅な女性」を演じましょう。
  • 【2】黒コンや涙袋メイクで「うるんだ瞳」を演出する

    「目の印象は全体を左右するので、黒のカラコンや涙袋メイクは必須」(10代女性)というように、「瞳」で色気を出すのも有効なようです。同時に、チークで「上気した頬」などを作り込むと相乗効果が期待できそうなので、とりあえずメイク技術に磨きをかけたいところです。