「焦って結婚してしまった女性」が陥りがちな罠5パターン

  • 【5】ほかの友達が幸せそうに見えて、結婚を後悔してしまう

    「ほかの男性と結婚した子やまだ結婚していない友達が、みんな楽しそうに見えて落ち込むっていうのはよく聞く話」(20代女性)など、「隣の芝生は青い」感覚で他人が幸せそうに見えて、拙速な決断を後悔するパターンです。焦って結婚に持ち込んだ自覚があるほど「これで本当によかったのか」と自問自答してしまうのは不可避なのではないでしょうか。

結婚した事実をなかったことにはできないので、何か問題が起きた時点で最善の策を考えるしかないでしょう。(紺野竜平)
Photo:All images by iStock