「焦って結婚してしまった女性」が陥りがちな罠5パターン

  • 【2】相手の家族をよく知らずに結婚してしまったため、「初耳」のことが多すぎて驚く

    「うちの姉は要介護のおばあさんのお世話ローテーションに勝手に組み込まれて、『仕事もあるし無理』と困り果ててた」(10代女性)など、相手の家族について「聞いていない話」が多すぎて、当惑するパターンです。結婚は当人同士だけの問題ではないので、相手の家族構成だけでなく、それぞれの略歴や人物像も把握しておく必要がありそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)