真夜中に好きな人にLINEを送りたくなったとき、衝動を抑える方法5パターン

片想い中の人にとって、「真夜中」は危険な時間帯です。勢いでLINEを送ってしまうと、翌朝、後悔する羽目になる可能性は高いので、できれば気持ちを抑えたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「真夜中に好きな人にLINEを送りたくなったとき、衝動を抑える方法」をご紹介します。

  • 【1】好きな人の代わりに女友達にLINEを送る

    「彼のことで頭がいっぱいになってしまったら、女友達と馬鹿話でもして発散します」(20代女性)など、「別の人」に話を聞いてもらってその場をやり過ごすパターンです。ただし、この手の行為はギブアンドテイクなので、自分ばかり一方的に頼るのではなく、相手の女友達が同じような状況になったら、嫌な顔をせずに構ってあげましょう。
  • 【2】ラブソングを聴いて切ない気分を十分に味わう

    「遅い時間に連絡したら非常識なのはわかっているので、『恋している自分』に浸りきって夜を乗り切ります」(10代女性)など、こうなったら恋する切なさを極限まで味わうことで時間を埋めるパターンです。「紙にポエムを書き付ける」「彼に関する妄想で頭を満たす」など、自分の内面をとことん見つめる作戦で、外に向かう衝動を抑えたいところです。